サポートSUPPORT

ジギングロッド適合ジグウェイト【Q&A・用語解説】

ジギングロッド適合ジグウェイトについてよくあるご質問や、用語の解説についてまとめております。

ワンピッチジャークの種類について

ワンピッチジャークの種類 説明
(100cm内のジギング操作アクション)
上げ/ジャーク
(上方向の誘い)
下げ/フォール
(下方向の誘い)
対象魚
ハイ ほとんどフォールはない。速いスピードでバシバシ誘い続ける昔ながらの激しいジギング昔ながらの激しいジギング × 青物、マグロ、カツオ、遊泳力の速い魚
ミドル【基本】 100cm上げて、0~20cmフォール。0.5秒前後止めて”喰わせの間”を作るイメージ 全般(遊泳力の遅い魚は除く)
スロー 100cm上げて、50cmフォール。1秒間に1ジャークが基本昔ながらの激しいジギング 全般 特に根魚、底物、遊泳力のやや遅い魚
さらにスロー 100cm上げて、70~100cmフォール。一定層で誘い続ける
昔ながらの激しいジギング
根魚、底物、遊泳力の遅い魚一定層から離れない青物

Q&A

Q.
ドテラ流しはスピニング。バーチカルはベイトが基本でしょうか?
A.
ドテラ流しにはベイトは不向きです。
ドテラ流しの場合、ロッドを大きく振ってジャークする必要があるので、可動域が広いスピニングのほうが有利です。
例えば、ショアエギングでベイトを使わないのと同じ原理。手首のスナップを効かせて、ロッドを大きく&鋭く振ることができるスピニングが使いやすいでしょう。鯛ラバの場合は、キャスティングはスピニング、バーチカルは等速で巻けるベイトが有効です。
Q.
ジギングロッド適合ウエイトや水深の根拠について
A.
ジグウェイトや水深の情報は、実際に現場でテストした判断のものです。
ただし各スペックは参考値です。ジグの形状や、潮の緩急によって引き対抗は変わるので、参考値は増減します。
無理のない使用を前提とした参考値です。破損した場合の責任は負いかねます。
Q.
ジグの適合ウエイトが「00g~00g」表示から「MAXウエイト」表示に変わっている商品があります。適合可能な軽量ジグの重さはどう見たらいいのでしょうか?
A.
目安ですが、MAXウエイトの30~50%が適合する軽量ジグの重さです。状況次第で、もっと軽いジグを扱うことも可能です。
Q.
ライトジギングロッドは6フィート3インチの長さが多いのはなぜ?
A.
長すぎず、短すぎずとして、6'3"が基準と考えています。ライトジギングは小刻みにジャークすることも多いので、長いロッドは不向きの場合もあります。また短すぎると、操作やファイトのやりとりが難しくなります。
Q.
ライトジギングのアクションを教えてください。
A.
アクションは大きく分けて3種類
ワンピッチジャーク(基本) / 竿を1回シャクってリールを1回巻く
リーリングジャーク(直線系) / リールはハンドルを巻きつづけ、竿は上下にフワフワとする。
ハーフピッチジャーク(シェイキング系)/ 竿を1回シャクってリールを半回転させてリズミカルにたたくように巻く。
Q.
フラッシングジャークって何?
A.
テクニック:ジグの輝きとアシストフックにフラッシャー等をつけて魚を寄せて釣る。極小刻みなさそいをさせることが多い。
オススメジグ:オシア スティンガーバタフライ TG ガトリング
対象魚:アジに効果的な誘い
Q.
SLJ(スーパーライトジギング又はマイクロジギング)は何?
A.
多くのフィッシュイーターに焦点を当てた釣り方。
主食であるマイクロベイトにあわせた50mm以下又は50g以下のジグを使用して、喰わせることができなかった対象魚を狙う。
対象魚:イサキ、真鯛、シーバス、アジ、サバ、青物等多種多様
Q.
「ハイスピード&コンビネーション」って何?
A.
日本海でスピニングリール8000PG(パワーギア)前後を使用したジャカジャカ巻いてロングジャークを組み入れた釣り方
※HG(ハイギア)では巻きが重く大きなストレスになる。
※ドラグ力は3k~6k。ジャークしている時滑らない強さ。フックが太軸の場合は貫通能力が低いので強めの設定にする。
オススメタックル :
オシア ジガー(スピニング)クイックジャーク
製品詳細はこちら
ラインPE2~3号/リーダー40~60lb.
オススメジグ :
ジャカジャカ巻いてロングジャークと組むにはジグがクルクル回転せず、ジャーク後一瞬ひらりと落ちるタイプが良い。
オシア スティンガーバタフライ ドリフトスラッシャー
製品詳細はこちら
カラーは基本シルバーだが、ベイトがイカ、海に濁りが有る時は赤金が有効。
Q.
インチクロッドにはどんな竿が良いの?
A.
インチクはフックが太いことが多く、貫通させるために、強いバットパワーが必要。MAXルアーウェイトを目安に選んでください。
インチクをガンガン動かすときはMAXウェイトの-30g前後を目安にすると良い。
(例)MAX150gのロッドの場合 150g-30gで120g前後のインチクが目安
Q.
リーダーの太さの目安は?
A.
PEラインの号数×15~20lb. (例)PE2号にはリーダー30~40lb.が基本

ジギングロッド適合ジグウェイト検索はこちら